KING★娘へ
2008/02/02(Sat)
元気の出る歌はコレダ!!

ケツメイシの♪1日
気にしないで人の目なんて無理しないで
過ごせるときがあって

また新鮮な気持ちになってまた前進で大きくなって

見えてくる見えてくる
自分の生き方が
見えてくる見えてくる


K×ET-KINGの♪この歌を・・・

人は誰でもうまくいかない時もあるから
悲しまないで その手には 未来があふれている

明日の扉開けたならば夢が走り出す
さあ追いつけ 息切れても あきらめんな お前一人じゃねぇぞ

喧嘩したりうまくいかなかったり 眠れない夜が続いてる
それでもきっと 明日の朝には 新しい世界待っているから

泣きやんで
用意ができたら返事を その不安と涙は返上
テンション最高潮で天井まで突き抜け エンジョイ
All right ほら 下を向いていないで
For life まずは一歩踏みだせここから
何も恐くないさ 広がる可能性 自分信じて
このまま行け そのまま行け 突っ走ってどこまでも進め

人は誰でもうまくいかない時もあるから
悲しまないで その手の中には 未来があふれている

明日の扉 開けたならば 夢が走り出す
さあ追いつけ 息切れても あきらめんな お前一人じゃねぇぞ

どれくらい頑張ればいい?分からない日が続いてる
傷ついた胸の中には涙の数が増え続けるよ

心配はすんな
ドンと胸張って進んでいけば 恐れることなんて考えないさ
たとえどんなに壁にぶつかても
その度に乗り越え Sing a Ling a Ling
ここから生まれるメロディー もっと吹かすぜ新しい風
このまま どこまでも行こう さぁ 突き進めつかみとるまで

人は誰でもうまくいかない時もあるから
悲しまないで その手の中は 未来があふれている

強い風の吹く日でも いつも僕がそばにいるよ
冷たい雨の夜でも 恐がらないで一人じゃないから

忘れないでほしい このときの思いを
忘れないでほしい ひとつになれた友とこの歌を

走り出したら また別々の道を行くけど
つらい時には 思い出してほしい いつでもこの歌を

この歌を


うちも復活の兆しです。
うちは落ちるだけ落ちてテンション上げるひとやからw
日曜日山に行くし、なんも用意してません(汗)
今からダッシュでワックスかけねば・・・

スポンサーサイト
この記事のURL | music | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<丸かぶり寿司食べ損ねた・・・ | メイン | 電源>>
コメント
- K@Zさんへ -
GET UP,STAND UPまじありがとう!!
あのあと聞きました。
ほんま、SUNXです!!
昨日、パワレコ&フロッグに行ってバリアフリーのCDgetやばいっすねぇ~

2008/02/05 18:32  | URL | Jin@管理人 #-[ 編集]
- KING★娘へ -
曲はどこでも聞けるけど、歌詞を改めてみるとヤバイよねぇ~そんな歌詞いっぱいあるわ。
あとね、K@Zさん(コメントくれてる)のブログ見にいってみて!!
HAN-KUNの曲でめっちゃイイ曲をうちらの為にセレクトしてくれてるから!!
2008/02/05 18:31  | URL | Jin@管理人 #-[ 編集]
- ゴッツさんへ -
同じタイプなんや!!
やっぱとことん落ちて気持ち上昇やねぇ!!
あのあとワックスかけて山に行ってきたよ
2008/02/05 18:28  | URL | Jin@管理人 #-[ 編集]
- Jahかずもひとつ♪ -
HAN-KUNのGET UP,STAND UPも元気一杯貰えるから試してみてくだされ!歌詞をかずのブログに貼っておくね☆
KING★娘さんもどうぞ(*^-^)b
2008/02/03 14:23  | URL | k@z #-[ 編集]
- あぁぁ・・・ -
なんかメチャ何回もリピートしてしまう。

夜に珍しく一人で飲んで、さっき目覚めた。
んで、またこの歌詞読んだら
かなりパンチ効いたわ!!もちろん良い意味で!!

SUNX!!QUEEN!!
     SUNX!!オカン!!
2008/02/03 06:20  | URL | KING★娘 #JUGsyThY[ 編集]
-  -
オラも同じタイプやでぇ(o^-’)b落ちるとこまで落ちて、テンション上げて行こうよぉ( ̄▽ ̄)V

明日行くんかぁ~いいなぁ(^ε^)ワックス磨いてガッツリ滑って来てくだせぇいヽ(´∇`)ノ
2008/02/02 16:36  | URL | ゴッツ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://snowtrip.blog35.fc2.com/tb.php/449-d27b17be

| メイン |