リコモ=またね
2010/07/05(Mon)
人魚姫だったら 泡になって消えれるのに
目の前の大きな壁を壊すことができなかった。

悔しいなぁ 
自分がダメージ受けてるのに 人の相談に乗ってる私ってどうよ(笑)
やっぱ 私は、王子やわ(笑)
王子はこうやって強くなる。
自分の城を守るため強くなる!!
慣れっこです。

一人歩きしてる「私像」
なんでも出来る女の強いイメージを壊す事ができたらどんなによかったんだろう…

入り込める隙を見せたら良かったんだろうか?
体を支える杖になるはずが、知らず知らず足枷を付けていったんかな

ズカズカ土足で踏み込んで…
踏み込んで受け止める母なる海も私には無い
そこにあるのは、干からびて罅割れた砂漠の湖

味がわからへん
私、変な子やから普通の味がわからへん

夢が叶うチャンスと… 大切なものを失う
私の人生は、代価交換なんかなぁ

チャンスすら代価交換の材料なのか?
上っ面な家庭事情も 
自分の傲慢な自信も、自己中心な姿勢も
代価交換の材料になればいいのに…


壁にぶち当たった時、いつも聞くAYUの歌。
グルグルと過去の想い出~マイナス思考してしまった。
きっと
答えを出した方が辛かったと思う。
私は、いつでも強くなれる。

暗闇の雨から傘を差し伸べてくれたMINちゃんの歌
全てが嫌になった時、もう一度【生きる力】をくれたBES君の歌
強くなるための導楽の歌
前向きにさせてくれるメティちゃんの歌
プレッシャーに負けそうな時に口ずさむHAN-KUNの歌
伝えれない事を代わりに伝えてくれる大熊ちゃんの歌
勇気と幸せと前に進む力をくれるチェ君の歌

心地よい場所にながれるサウンドマンがセレクトする甘い曲

レゲエが好きで良かった。
一人で立ち向かう勇気をくれるから


ベホイミやケアルよりめっちゃ効く音の呪文です!!


LIKKLE MORE~めぐりeye~(より一部抜粋)


毎度 おい どうしたんや 元気ないぞ
あるよって 強がっててもわかんぞ
俺にはお前の気持ちは わからんよ
だからって 溜め込んでたらあかんよ


なかなか上手い事いかへん
あなたはハナから 諦めてるんや わかるか
流した涙はおのれの宝や
まだまだ 今できる事を探さな

これからの人生も お前の人生
すきにやって 飯食ったらええねん

目の前はFREE WAYで
毎日がWIN DAY
困ったときは頼っていいで

お前らにあって 俺も変わって
他も味わえん経験もえて
大人になって じじぃになっても
かけがえのないBRETHRENやで

忘れない 時が進む中で
EVERY TIMEお前は年を重ね
日々TRY 恐れる事なかれ
その願いが いつか叶う日まで

これ何年経っても
かわらへん 今はそれぞれ
の道を行くだけ

忘れない 時が進む中で
EVERY TIMEお前は年を重ね

日々TRY 恐れる事なかれ
その願いが いつか叶う日まで

殴り合い時にぶつかる中で
ふざけあい心開いた中で

嘘みたいな
出会いや別れは仕方ない
いつかまた会う日まで

人間誰もがお仕事に追われて毎日年をとり
人生のレコードに針落とし 自分のペースで舵をとり
だるいこと山ほどある
それ乗り越えて 最後に笑う


何を描く なんとかなる
今 この音でまたつながる
忘れない 時が進む中で
EVERY TIMEお前は年を重ね

日々TRY 恐れる事なかれ
その願いが いつか叶う日まで

殴り合い時にぶつかる中で
ふざけあい心開いた中で

嘘みたいな
出会いや別れは仕方ない


いつかまた会う日まで



☆★★☆ ☆★★☆ ☆★★☆ ☆★★☆ ☆★★☆


リコモぉ 
スポンサーサイト
この記事のURL | music | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<はちくろ | メイン | 負けられない戦いの結果>>
コメント
-  -
心は、涙を流してるのに
涙は、頬をつたわず



そんな時


今の自分を見透かされたかのようにディスプレイに浮かぶ文字。


それは、いつも貴女から送られてくる言霊でした。

今、涙が止まりません。


「ハナレバナレ」の時もそうでした。

今回も、そう…
最後の3行





連れ去ってくれる誰かが現れたら
私は、この枷の付いた足首を切り落とすだろう
ずっと、抱えて走って欲しいから


必要とされる人の重荷になりたくないから


2010/07/10 00:42  | URL | 元QUEENより #-[ 編集]
-  -
漫画に支えられる時がある
詩で癒される時がある
歌で泣く場所をもらう時もある
誰かの言葉で、たくさんの文字から勇気をもらうけど

だけど本当に欲しいのはそれなのか?

本当に、本当に必要なのは…






そこはとても険しく堪えがたい場所

そんな場所に立つ貴方は
勇ましく、誇らしげに立っている。
周りの人達からの「信頼」や「名声」をあびながら。


そんな貴方はいつしかそこに、自ら足枷をつけてしまった。
今立つ場所こそが自分の使命なんだと…




それでも時には思うだろう


足首についた傷を治す薬が欲しいんじゃなく
痛みを和らげる会話が欲しいんじゃなく
励ます言葉や慰めの言葉じゃない



足枷ごと抱え上げ
連れ去ってくれる誰か、、



必要じゃない?

2010/07/09 15:49  | URL | 元KING #JUGsyThY[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://snowtrip.blog35.fc2.com/tb.php/1221-faeb8fb8

| メイン |