その瞬間は手のひらの中で終わった。
2010/02/19(Fri)
その瞬間は手のひらの中で終わった。
視聴者にとってたった1日、いやたった数分だったとおもう。
でも、選手にとっては4年
長い4年間の努力が手のひらの中小さな画面で終わった。

感動をありがとう。
ほんま、お疲れ様。
めっちゃカッコ良かった。


関係者ホッ!? “腰パン王子”国母メダルならず
http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20100218/spo1002181645006-n2.htm

関係者ホッ!?
↑この部分が不愉快に思うのはワタシだけ??

この件に関しては色々です。

ワタシも、服装の乱れは多少仕方ないけど
会見での態度言葉遣いはちょっと「あっちゃー。あかんやろ」って思った。

一介のスノーボーダーとしてカズを知ってるから...
マスコミや書き込みで色々言われてるのがとっても悔しかったし、服装の乱れで出場辞退しろとか・・・
挑発的な質問とかさー
五輪の応援掲示板なのに「転けろ」とか書いてあって… 悲しくなりました。
日本の代表のやのに・・・

母校の大学が応援やめたってってニュースみて何故??って。
ココにくるまでスゴイ努力してるし服装と競技はまったく関係ないやん


五輪プレッシャー+あの騒動の重圧で普通じゃ重圧に潰されそうになるのに、カズは重圧を見方にして8位入賞。
金銀銅じゃないけど8位ってホンマスゴイです。
なのに、「ざまぁみろ」とか「結局その程度」etc
コメントが投稿されてほんま悲しくなってしまった。

手さえついてなければ、着地さえよかったらルーティーンからしてもっと上、銅の可能性はあった。
グラブも長いしカズのマックツイストは、世界一だとワタシは思う。


ただ、カズが常識や礼節に欠けたのは、ほんま残念やった。
過ぎたこと仕方がない、2度と繰り返さない事だと

ただ、これだけは言える。
カズが注目(別の意味で)浴びたおかげで、スノーボードハープパイプって言う競技に感心をもってもらえたし、いままで興味なかった方や知らなかった方に知ってもらう事ができた。
カズ=腰パンな奴ですが、チャラスノーボーダーではなく、彼はリアルスノーボーダーです。


スポンサーサイト
この記事のURL | 日常の出来事 | CM(0) | ▲ top
<<感動の裏側 | メイン | 雪山スタイルの祭典>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |